えっ?もうあの激痛を経験しなくてもいいの?虫歯の最新治療法、無痛治療とは

>

最新の治療、無痛治療とは

無痛治療の基礎知識

一般的に虫歯の治療に伴う痛さは大きく2つに分類することが出来ます。
まず1つは、第1段階における痛さで、麻酔を打たずに少しだけ歯を削るときの痛みではないでしょうか。この痛みは少し致し方ない部分もありますが、こんな痛みを和らげる、もしくは、なくすためには麻酔を打つしかありません。しかし、この麻酔を打つときに伴ってしまう痛みが、虫歯治療における2つ目の痛みです。この麻酔を打つときの痛みを出来るだけ減らそうというのが無痛治療の本質です。虫歯を削るのはどう頑張っても神経に痛みが伝わってしまうので、痛みを和らげることが出来ないのは致し方ありません。なので、麻酔を打つときの痛みを和らげるための努力がなされたのです。

無痛治療の具体的な方法

無痛治療は麻酔を打つときの工夫であるということは先ほど紹介しましたが、では具体的にはどのような工夫がなされたのでしょうか?
まず、麻酔針の細さを極限まで細くする工夫がなされました。太い針より細い針のほうが痛みが少ないのは当たり前ですよね。ちょうど蚊に刺されてしまうときに痛みを感じないのと同じ寸法です。また、電動注射器を用いた麻酔もあります。人の手で麻酔をするときは一気に麻酔薬を注入するので痛みが出てしまいますが、電動で徐々にゆっくり注入していくことで、人力に比べて痛みがかなり和らぎます。さらに、もはや注射をせずに、歯茎に塗り薬を塗って、麻酔薬を浸透させる、表面麻酔といったものも開発されています。このような工夫は本当に私たち患者にとってうれしい物です。


TOPへ戻る